病院のご案内

メニュー

看護部の紹介

看護部長からのメッセージ

ご挨拶

看護部長 影山美子

看護部の紹介を致します。

平成30年6月より大橋病院は、最新の設備を備えた新病院に生まれ変わりました。
来院した患者さんが、快適な時間をお過ごし頂ける様、都会の中のオアシスともいうべき「水と緑に囲まれた新病院」です。
これからも高度で専門的な医療を提供する「高度急性期病院」であると共に、地域医療機関と連携しながら信頼される地域の中核病院として進化してまいります。
私ども看護部は、急性期をはじめ様々な状況に置かれている患者さんの「生きる」を支援します。刻一刻と変化する状態を的確に把握し、異変を見逃さず、迅速な援助を提供していきます。
また、退院後も安心して療養生活を続けられるように、医療と生活の場を繋ぐお手伝いをします。
看護師一人ひとりは「何を大切に看護するか」を問い続け、ご家族の意思も尊重し、患者さんの心に寄り添う看護をめざします。
また、チームの要として患者さんとご家族を中心に据え、プロフェッショナルな多職種の方々と一丸となって協力し、連携を促進して医療を提供します。
新病院に移行し気持ちも新たに、患者さんが安心して検査・治療が受けられる様、看護部一同、これからも日々研鑽を重ねてまいります。

看護部の理念

  1. 生きる力を引き出し、支える看護を提供します。
  2. 急性期におけるジェネラリストナースを育成します。