診療科・部門のご案内

脊椎脊髄センター

診療内容・専門分野

はじめに

脊椎脊髄の病気は、肩こり、背部痛、腰痛や手足の痛み、シビレ、脱力(麻痺)をひき起こす原因としてもっとも多いものです。たとえば腰痛は、国民生活基礎調査で有訴者が447.3万人とあらゆる症状の中で一位を占めました。その原因の多くは脊椎脊髄のうちの、腰椎由来のものです。また、我が国では未曾有の高齢化社会をむかえ、加齢に伴う疾患が急増しています。脊椎脊髄の病気には、加齢に伴って発症するもの、増悪するものが多く、健康長寿に最も大きな影響をもたらす病気でもあるため、この克服が高齢者が元気に活動できる「活気ある社会」を創るための、重要な課題になっております。このような社会的背景のもと、地域医療に貢献するため、当院の脊椎脊髄センターを開設する運びとなりました。

診療内容

当センターは、高度先進医療の一環として「整形外科」、「脳神経外科」の脊椎脊髄疾患に専門化したスタッフが一致協力し、両科の特徴を生かして総合的な治療にあたる、全国的にも数少ない施設です。X線、MRI、マルチスライスCTに加え、X線透視下による脊髄腔造影、神経根ブロック等により総合的で確実な診断を心掛けています。治療には最新鋭の手術顕微鏡、内視鏡を駆使し、安全で、より患者さんへの負担の少ない低侵襲な手術を目指しています。術後は、早期より専属のリハビリスタッフによる機能改善、早期の社会復帰を目指したリハビリテーションを行い、笑顔で退院されることを目標としています。

脊椎脊髄の病気は、自然経過で軽快するものも数多くありますが、その反面色々な治療に抵抗して進行するものも少なくありません。症状が進めば進むほど、発症してからの時間が経過するほど、治療効果はあがらず、治療後も元に戻らない状態となってしまいます。早期診断、早期治療が望まれます。
  • 首筋から肩、背中、腰周りや手・足、その他身体各所のシビレや痛みがある方
  • シビレや痛み、脱力(麻痺)上肢の機能が低下している、手の細かい動作(お箸、書字、ボタンはめなど)が不自由になってきた方
  • シビレや痛み、脱力(麻痺)で歩行が不自由になってきた方
特に、以上のような症状を訴える患者さんには早期の受診をお勧めします。

当センターは、頚部、肩腕部痛、背部痛、腰痛や四肢(上肢、下肢)のシビレ、痛み、脱力(麻痺)、歩行障害の治療を行います。椎間板障害、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症や脊椎の骨折、感染症、炎症性疾患、脊椎変形、腫瘍、骨粗鬆症(経皮的椎体形成術含む)など各種脊椎脊髄疾患のすべてに対応致します。

手術療法は、全て最先端の顕微鏡下に確実・安全に行っております。低侵襲手技による早期退院を目指しております。

慢性疼痛治療

難治性の腰痛、臀部痛、下肢痛などを患っている方には、当センターではペインクリニック、各種ブロック療法(神経根ブロック、椎間関節ブロック、仙腸関節ブロック等)、レーザー治療などによる慢性疼痛治療も行っております。併せてご相談ください。

当センタ-における研究

・事務職員の腰痛と運動との関係について(大橋倫理委員会承認済み)
・若年期の腰痛と運動との関係(大橋倫理委員会承認済み)
・脊椎後側方固定後に金属固定具を抜去した症例における固定椎間の偽関節と抜去後腰痛の関係につい
て(大橋倫理委員会申請中)
・椎弓根screwと骨移植による椎間関節固定からなる脊椎固定術の有用性と限界(大橋倫理委員会申請
中)
・非特異的急性腰痛の臨床症状と画像所見の特徴 -職種別の検討-(大橋倫理委員会申請中)
・環椎後弓低形成とそれに基づく脊髄症に関する研究(大橋倫理委員会申請中)
・X線計測からみた環椎後弓低形成およびそれに基づく脊髄症に関する研究(大橋倫理委員会申請中)

スタッフ紹介

診療部長 武者 芳朗 教授 診療部長 武者 芳朗 教授
氏名 職名 専門領域
武者 芳朗 教授、診療部長 [整形外科]
脊椎・脊髄外科
伊藤 圭介 講師、副センター長 [脳神経外科]
脳神経外科一般 脊椎・脊髄外科
長張 浩昌 医師 [整形外科]
脊椎・脊髄外科

診療スケジュール

◎:教授、○:准教授、□:講師

初再診

曜日 午前 午後
◎武者 芳朗[整形外科] ◎武者 芳朗[整形外科]
□伊藤 圭介[脳神経]
 長張 浩昌[整形外科]
□伊藤 圭介[脳神経]
 長張 浩昌[整形外科]
◎武者 芳朗[整形外科]
□伊藤 圭介[脳神経]
◎武者 芳朗[整形外科]
長張 浩昌[整形外科]
□伊藤 圭介[脳神経](1・5週)
◎長張 浩昌[整形外科](2・4週)