トップページ
受診される方へ
「かかりつけ医」の制度について

「かかりつけ医」の制度について

1. 賢い患者さんのお医者さん選び

これからの社会が、すべての人にとって豊かで、楽しく、安心して、幸福が実感できるものであるためには、一人ひとりの健康を守る医療・保健・福祉サ−ビスの充実が不可欠です。

2. 地域医療について

すべての人が、いつまでも人間としての尊厳を尊重され、住み慣れた地域で、最愛の家族や友人に囲まれ安心して暮らすことを、医学を通じて実現することが「地域医療」の理念です。

3. かかりつけ医の役割

かかりつけ医は患者さんの身近にあり、いつでも病気の相談を受け、そして丁寧に正確に病状を説明しつつ、また必要な時には紹介状(診療情報提供書)を作成し、その疾患にふさわしい医療機関を紹介するなどの役割を担っています。 

4. 東邦大学医療センタ−大橋病院の役割

「かかりつけ医」から紹介のあった患者さんや、重症患者さんの急性期医療・高度な診療・検査等を行う医療機関です。 
当院での急性期診療・検査等が終了し、症状が安定した患者さんにおかれましては紹介を受けた「かかりつけ医」の先生の医療機関にもどっていただき、治療を続けていただくこととなります。

5. かかりつけ医との医療連携について

大橋病院から「かかりつけ医」にもどられて、通院中に病状が悪くなったとき、入院が必要となったときには当院で診療をさせていただきます。
このように、当院専門医師と「かかりつけ医」の先生との間で、患者さんの診療にかかる情報共有をすることで、患者さんがいつでも安心できる医療連携の体制をとっております。