医療関係の方へ

メニュー

初診外来の紹介状と事前予約のお知らせ

-地域連携医療施設へのお願い-

紹介状をご作成いただいた患者個人からのFAX予約受付を開始しました。

「かかりつけ医」の先生方におかれましては常々、患者様を当院へご紹介くださいましてありがとうございます。
区西南部医療圏の地域中核病院として、急患、重症患者様の受け入れに尽力し、今後一層、地域連携を強化してまいります。
その一環として、また円滑な運営のために、当院では本年2月1日から初診外来を以下のように改訂致しました。

初診外来について

紹介状あり、さらに病診連携室に事前予約した「紹介状連携初診」の患者様を最優先させていただき、お待たせしないシステムを構築いたしております。
紹介状あり、事前予約のある「紹介状連携初診」の患者様は、紹介状のみで事前予約がない方より優先されます。

「紹介状連携初診」は当院の「教授または各科専門医の診療日」、「初診担当医」の外来担当時間枠内で、午前中に優先枠を設定しております(詳細は当院ホームページ「診療科のご案内」または本文文末に掲載した外来診療担当医表をご参照ください。多少異なる科がございますのでご注意ください。)。

この優先権取得には、「かかりつけ医」、「お近くの医師」からの紹介状が必要不可欠です。医師でない方(鍼灸師、柔道整復師、カイロ等)からの紹介状は無効です。
先生方からの紹介状および患者様のご希望に応じて①~③のパターンを想定、それぞれ手続きが必要になります。

①以外の②,③では、インターネット、FAXをご使用(送受信)できない患者様はご利用いただけませんので、①かかりつけ医師にご予約までをお願いいたします。

①先生方のご診察の結果、当科への紹介初診が必要となり、病診連携室への FAX予約まで全てを かかりつけ医師にお願いする手順

郵送で配布させていただいております紙面(大橋病院「Information」、外来診療担当医表) やホームページ(本文文末にも掲示)をご参考いただき、ご希望の診療科名と「教授氏名」または「初診担当医」のいずれかを宛名に記入した紹介状(診療情報提供書)本体および封筒をご作成ください。本体と封筒の宛名(診療科名および氏名等)は同一でお願いいたします。同時にその際、診療・検査FAX予約申込書(医師専用)もご作成いただき、当院の病診連携室へファックス(以下FAX)送信による初診診療日の予約をお願い致します。

病診連携室で受信後、患者登録、受診予約を完了したのち、予約確認書を紹介元医師へFAXで返信いたします。受付時間内であれば、このやり取りは迅速に実行されます。
当院から返信がない場合、予約ができておりませんので、病診連携室へご確認ください。ご用意いただいた紹介状と当院から返信の予約確認書を患者様にお渡しいただき、初診当日にご持参くださいますようお伝えください。

これで事前予約および「紹介状連携初診」が成立し、優先的に診療させていただきます。
「初診担当医」を選択された場合や、ご指名の教授の専門外であったり初診予約が超過し取得できない場合は、まずは初診担当医が拝見し、必要があれば教授または専門医へ振り分けて、緊急時にも迅速に適切な診療を進めて参ります。
これは従来通りのパターンです。何卒、よろしくお願いたします。

②先生方に、ご希望の診療科名、「教授氏名」または「初診担当医」を宛名に記入した紹介状(診療情報提供書)を書いていただいて、初診診療日のみ、患者様ご本人が直接FAXでご予約をご希望の方の手順

このようなご希望の患者様へは、当院ホームページ「受診される方へ」の「紹介状をお持ちの患者さんへ」から入るよう誘導しております。

患者様に診療FAX予約申込書(患者様専用)の用紙をご用意いただき、紹介状の封筒に記載された診療科名、「教授氏名」または「初診担当医」の初診診療日をホームページ(Information(教授、専門医師一覧)、外来診療担当医表)でご確認の上、患者様ご本人が事前に当院の病診連携室へFAX予約できるように致しました。
先生方の予約手続きの手間が省ければ幸甚です。

この手順では、医師からの紹介状の封筒と診療FAX予約申込書(患者様専用)にご記入の宛名が一致しないと「紹介状連携初診」が事前予約できません。患者様からの医師の指定予約はできませんので、封筒宛名が重要になります。紹介状(診療情報提供書)を作成いただく際には、本体記載と封筒の宛名(診療科名、氏名等)が同一であることを必ずご確認下さい。またご希望される医師の専門外の診察はご遠慮いただきます。

病診連携室で認証がすめば患者登録、受診予約を完了し、予約確認書を患者様へFAXで返信いたします。初診当日は、紹介状(診療情報提供書)および当院から返信されたこの予約確認書をご持参いただきます。

初診当日受付で、当院からの予約確認書がない方、紹介状本体と予約確認書の宛名が一致しない場合や、ご希望医師の専門外である場合は、まずは初診担当医が拝見することになりますのでご注意ください。

③患者様ご本人が、診療科、教授・専門医および診療日のいずれもご予約をご希望の方への手順

このようなご希望の患者様へは、当院ホームページ「受診される方へ」の「紹介状をお持ちの患者さんへ」から入るよう誘導しております。

患者様に診療FAX予約申込書(患者様専用)の用紙をご用意いただき、ご希望の診療科名、「教授氏名」または「初診担当医」の初診診療日をInformation(教授、専門医師一覧)、外来診療担当医表)でご確認の上、ご記入、準備いただきます。
これを持参して「かかりつけ医」、「お近くの医師」の先生方を必ず受診し、記載した診療FAX予約申込書(患者様専用)をご提示いただきます。
もちろん先生方のご診察で適切であればご紹介くださいますよう、ご判断の程、何卒、よろしくお願いいたします。

ご診察、ご高閲いただきました適切な宛名(ご希望の診療科名、「教授氏名」または「初診担当医」)をご記入いただいた紹介状(診療情報提供書)を作成いただいた後は、上記②と同じ流れで患者様自身が事前にFAXで当院の病診連携室へ予約を申し込みます。
この手順でも、医師からの紹介状の封筒と診療FAX予約申込書(患者様専用)にご記入の宛名が一致しないと「紹介状連携初診」が事前予約できません。患者様からの医師の指定予約はできませんので、封筒宛名が重要になります。紹介状(診療情報提供書)を作成いただく際には、本体記載と封筒の宛名(診療科名、氏名等)が同一であることを必ずご確認下さい。またご希望される医師の専門外の診察はご遠慮いただきます。

病診連携室で認証がすめば患者登録、受診予約を完了し、予約確認書を患者様へFAXで返信いたします。初診当日は、紹介状(診療情報提供書)および当院から返信されたこの予約確認書をご持参いただきます。

初診当日受付で、当院からの予約確認書がない方、紹介状本体と予約確認書の宛名が一致しない場合や、ご希望医師の専門外である場合は、まずは初診担当医が拝見することになりますのでご注意ください。

①~③いずれの場合も、
ご希望の医師(当初は教授ではなく初診担当医のことあり)、診察日に添えないこともあります。何卒、ご容赦ください。


②③につきましては、何とか、地域の先生方のご負担を減らすことを目指しております。ご活用いただければ幸いです。

①以外の②,③の予約は、インターネット、FAXをご使用(送受信)できない患者様は ご利用いただけませんので、①かかりつけ医師にご予約までを委託でお願いいたします。

特に②③では医師からの紹介状の封筒と診療FAX予約申込書(患者様専用)の宛名(診療科名、医師名等)が一致しないと「紹介状連携初診」が予約できません。
また初診当日受付で、紹介状本体(本文)と当院病診連携室からFAXで返信された予約確認書の宛名が一致しない場合および取得された予約枠の医師名が異なる場合、ご希望医師の専門外である場合は、まずは初診担当医が拝見することになりますのでご注意ください。患者様からの医師の指定予約はできませんので、紹介状(診療情報提供書)をご用意いただく際に、本体(本文)と封筒の宛名が一致するようご確認くださいますようお願い申し上げます。
ご本人のご都合で「紹介状連携初診」の優先時間帯に予約できなかった方、事前予約のない方は、まずは初診担当医が対応いたします。多少、お時間もいただきます。
一方、紹介状のない方の初診外来は、長時間お待たせすることになります。

お問い合わせ、ご相談は 電話:03-3481-7385(病診連携室直通)。

患者様に初診当日ご用意いただくもの

医師からの紹介状(診療情報提供書)および当院病診連携室からFAXで返信された予約確認書が必要です。
特に②③の予約の方は、念のため、送っていただいた診療FAX予約申込書(患者様専用)の原本もご持参いただきます。
健康保険証および各医療証(老人医療受給者証、公費受給者証等)もご持参いただきます 。

救急・時間外へのご紹介

救急・時間外の受診は「救急外来のご案内」をご参照ください。
救急時間帯は
平日17:00から翌朝8:30まで
(小児科は19:00から翌朝8:30まで)
土曜日14:00から休み明けの8:30まで
(*第3土曜日は休診)
日・祭日、休み明けの8:30まで

原則として、救急外来または管理当直医師へ事前にお電話でご一報いただきます。
当院満床、その他の理由で受け入れ不可能な場合がありますので必ずご確認ください。
たとえ紹介状があっても一報ない場合、他病院へ転送になり、緊急時には時間の消柑こつながり患者様が厳しい状況に陥る可能性があります。
またせっかく日勤帯にご予約いただいた患者様が、予約時間ではなく救急時間帯に来院されても、救急医の一般的な処置(投薬等)のみで、その後の専門的治療は再度ご紹介いただくことになります。この場合、患者様の容体が悪化して、予約日時まで待てないとご判断いただいた際は、ご一報いただければ対応いたします。
何卒、よろしくお願いいたします。

地域医療連携

急性期の治療を終え病状が安定した後は、「かかりつけ医」、「お近くの先生」へ紹介させていただきます。病状の悪化、変化があれば再度当院へご紹介・ご予約いただきます。
定期検診も6カ月以上期間が開けば初診外来とし、改めて医師からのご紹介とご予約をいただきます。

また現在加療中あるいは以前に当院受診歴がある患者様も病状が安定すれば「かかりつけ医」の先生方へ逐次、紹介させていただきます。
今回の取り組みは、連携の先生方の「紹介初診の予約に手間がかかる」とのご意見にお答えする思索です。患者様の安心と信頼、満足をいただける充実した地域医療の構築に向け、連携システムを改善、強化して参りますので、連携医の先生方におかれましては、ご意見、ご指導をいただければ幸甚です。今後も迅速な対応に努めさせていただきます。
医療連携により、地域での「診断、治療力」を高め、患者様の健康増進を目指します。
なお一層のご支援、ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。