トップページ
病院のご案内
医療安全管理室

医療安全管理室

医療安全管理の基本理念

東邦大学医療センター大橋病院は、『優しい心・親切な心のこもった医療の実践』を基本理念とし、患者が安心かつ安全な医療行為を受けられる環境を整備し、良質な医療を提供することを責務として実践する。

医療安全管理室の基本方針(活動方針)

  1. 安全が確保できる組織体制の確立
  2. 地域医療機関と連携した安全で良質な医療提供体制を構築
  3. 安全文化の醸成

医療安全管理体制

医療安全は医療の質と向上において重要な課題です。患者の安全を担保するためには、医療事故を個人の問題として捉えるのではなく、組織として再発防止対策を立案し実施することが大事です。また、医療の標準化を進めることで、安全の土壌を生み出し、患者が安心して診療・治療を受けられるよう組織としてその管理を行うことが必要です。そのための管理体制として以下の委員会を設置しています。

医療安全管理委員会、医療安全対策委員会、院内感染対策委員会、医療機器保守点検・器材委員会、医薬品安全管理委員会、各部門会、セーフティーマネージャー会、(臨時)事故調査委員会

スタッフ紹介

室長(外科教授) 斉田 芳久
副室長(眼科准教授) 八木 文彦
副室長(腎臓内科講師) 田中 友里
専従看護師 増渕 孝子
専従薬剤師 風間 利文
顧問 石井 直人  森 眞哉
事務員 佐野 祐貴

医療安全管理者の活動

医療安全に関する職員への教育・研修の実施

1.職種横断的な医療安全活動を推進するために、外部講師を迎えて年2回の研修を実施しています。
確認バッチ

2.春秋の年2回医療安全キャンペーンを実施し、キャンペーン中は各職員へ「確認よし」バッチを配布し、確認行為の強化を行っています。

3.各部署のセーフティーマネージャーを中心とした事故防止に関するワークショップを実施しています。また、3病院(大森病院、佐倉病院)合同宿泊研修を行い、チーム医療・ノンテクニカルスキル習得できるようリーダーシップ向上に努めています。

ワークショップ
4.研修医・看護師の新人教育の実施。臨床現場に出る前にラボセンターなどで、安全教育を実施しています。
研修医・看護師の新人教育

医療事故を防止するための情報収集、分析、対策立案、フィードバック、評価

すべての教職員は、当院内で医療事故・インシデントに遭遇した場合、迅速に院内LANサイトに掲載し、医療安全管理者、各セーフティーマネージャーは情報を共有できるようにしています。その情報を元に、事故・インシデントの種類、発生状況などの分析を行い、医療事故の発生及び再発防止策を検討しています。

医安ニュースの掲載

院内LANの掲示板において、他院などで起こった警鐘的事故事例を掲載し、職員への注意喚起をしたり、医療安全マニュアルの更新などについて掲載し、職員が周知できるようにしています。

中心静脈カテーテルCVC認定制度の導入

CV認定シール

中心静脈カテーテル(CVC)挿入時における合併症は時に危険を与えるものでもることから、東邦大学医療センター3病院では、平成24年4月から統一したCV認定制度を導入しました。
この制度は安全なCV挿入ができるように研修を行い、挿入可能な医師を認定するものです。認定された医師は、右のシールを付けています。